スポンサードリンク

チャービル  セリ科  1年草

チャービル

原産地は中東、南ロシア、コーカサスです。

フランスでは、重要な料理ハーブで、葉や茎を料理の仕上げに使います。

バジル、パセリ、タラゴン、チャービルの組み合わせはフィーヌゼルブ(フランスの伝統的なハーブミックス)としてフランス料理によく利用されます。

消化促進、発刊促進、高血圧にも効果があるとされています。

葉はポプリに、花は観賞用としても使われます。





育て方


冷涼な気候を好み、有機物の多い、水はけのよい土壌で栽培します。

移植を嫌うので、種子は直播します。

種まき時期は3~6月、または9~10月です。

種まき後40日収穫できます。結実や抽台すると茎や葉は硬くなってしまいますので注意がしてください。


posted by herbist at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | チャービル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
「VPSサーバー」を借りてみよう!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。